【四季はある?】タイの気候

タイは熱帯モンスーン気候に属しており、1年を通じて暑い日が続きます。日本のような四季は無いですが、タイにも雨季、乾季、暑季という3つの季節があります。今回はタイのそれぞれの季節と過ごし方について解説していきます。

雨季6-10月

雨季とは、1年で最も雨が降る時期です。ただし、日本の梅雨のように1日中雨が降るというわけではなく、激しいスコールが一時的に降ります。 雨季の時期は、雨によって道路が冠水し、交通渋滞が起こることも。時間に余裕をもって、早めに行動した方が良さそうです。

また、バンコクには駅直結のショッピングモールが多数あるので、雨が止むまでの1-2時間、ショッピングモールなど屋内で雨宿りする人も多いそう。

乾季11-2月

乾季は、1年の中で最も気温が低く、雨がほとんど降らない季節です。湿度も低く、観光にも適した時期となっています。

比較的涼しいシーズンではあるものの、日中は30度を超える日が多く、夏の服装で過ごしている人が大半です。

近年、雨が降らない乾季は、PM2.5による大気汚染が深刻な問題となっています。せっかくの涼しい季節ですが、窓は開けずにエアコンを使用したり、外出を控えたり、マスクを着用するなどして対策すると良いでしょう。

暑季3-5月

1年の中で最も暖かくなるのは3月〜5月の暑季です。最高気温が40度近くなることも珍しくなく、水分補給や帽子など暑さ対策が必須です。 ショッピングモールや電車内、オフィスなどは冷房が効いているため、上着を1枚持ち歩いていると安心です。

暑季の4月には、水かけ祭りで有名なソンクランがあります。水鉄砲やホースを駆使して水をかけ合い、猛暑を和らげます。

まとめ

日本とは異なる気候帯に属しているタイ。イメージ通り常夏ではあるものの、雨季、乾季、暑季と3つの季節があります。それぞれの季節に適した過ごし方を見つけて、少しでも快適に過ごせるといいですね。

Other Articles